2010年09月17日

尖閣諸島は中国に盗られるか

先般、尖閣沖接触事件を受け、中国は、脅迫よろしく、日本の丹羽大使を夜中に呼んで強く抗議し、船長をすぐに釈放するよう要求したり、日本大使館前では若者らが抗議活動をしたほか、各地で嫌がらせが起きているようです。

また、中国政府は本日、9月中旬に予定されていた東シナ海ガス田開発をめぐる日本との条約交渉の延期を発表。さらに、日本の排他的経済水域で海洋調査を行っていた同庁の測量船が同日午前、中国公船から中止要求を受けています。

中国は明らかに領海侵犯をした上、海上保安庁の巡視船に故意に衝突しておきながら、日本政府に対して猛抗議を行い、尖閣諸島の領有権を主張し、日本側を強く牽制する行為に出ている行為は,「暴力団にいじめられている堅気の人間がささやかな抵抗を試みるも逆切れされて、お前がわるいんじゃ!」と同じでしょう。

中国の領海で同様の自体が生じた場合は中国はどのような手段をとるでしょうか?

乗組員を逮捕するというような手ぬるいことはしないはず。やつらは、即、武力攻撃を行い全員その場で射殺するに違いありません。

この極めて重要な問題に対して、大手マスコミはあいも変わらず大きな報道はせず、そしてコメンテーターなども「尖閣諸島は日本の固有の領土である」という物は一人もいません。


本日、外務大臣に就任した前原氏は、本来「タカ派」といわれ、私もこの人が民主党にいるのはもったいないなとも思っていたのですが、早くも中国が、この前原氏が外務大臣になったことに強い警戒感をもっていると本日のTVで報道されていました。


一刻も早く普天間の問題を解決し、アメリカとの信頼関係を取り戻す必要が」あります。この当たり前のことが分からない日本人が多すぎる。問題なのは、「確信的反日左翼人間」以外に普通の主婦やサラリーマン、そしてちょっとした知識人である多くの教師の面々も沖縄から米軍が出て行ったほうがよいと思っているのではないのではないでしょうか。

自衛隊を尖閣諸島付近に派遣し、さらには米国とも合同軍事演習を堂々とおこなうべきです。この無人島が中国に実効支配されると、もう日本には返ってきません。そして、次は沖縄の番であることが日本国民には分かっていません。



昨年より、中国が日本を虎視眈々と狙っていると声を枯らしてその脅威を訴えていた唯一の政党がありました。私も応援していました「幸福実現党」という政党ですが、残念ながらこの間の参院選においても相手にされず惨敗でした。

今のボケ日本人では、この政党が国政に影響力をもつことは期待できないので、一日も早く、心ある自民、民主の愛国保守政治家がこの経済政策においても優れた政策をもつ幸福実現党に参集し、そしていかなる左翼からの批判にも屈することなく、強い気概をもった日本につくりかえて欲しいものです。


人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!




posted by First Daughter at 22:39 | Comment(0) | 中国による属国化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

民主党代表選挙で日本はどうなるのか

いよいよ、小沢一郎VS菅直人による民主党の代表選が行われることになりました。

経済、外交ともに速やかなかじ取りをしなければならない、まったなしのこの状況下で…と思うのですが。

ところで、現在小沢一郎は極悪政治家の代名詞であり、国民に最も嫌われている政治家の一人でもありましょう。

かつて自民党幹事長時代には「普通の国家を目指す」ことを標ぼうし、日米関係重視、改憲論支持と、しっかりとした主張ができる政治家として多くの国民の期待を担いつつも、20年が経過してしまいましたが、昨年の数百人もの議員を引き連れ中国詣でをしたことから、“親中政治家”がごろごろしている民主党でもその“代表政治家”との印象を与えました。さらには、日教組のドンといわれる輿石なども小沢の子分であることからも、かつての彼の思想は変遷し、左翼と手を握ったと思われています。

一方、菅直人は生粋の極左人間であり、そのブレーンの仙石官房長官・枝野幹事長も同類です。

「事業仕訳」で国民の脚光を浴びた枝野は、今年の8月3日に、衆議院予算委員会で自民党の平沢勝栄議員より「革マル派」との関係を問われていました。

革マル派の思想は日本における共産主義革命を目指す、左翼過激派であり、かつて70年代には、中核派の内ゲバ抗争で多くの死者を出した、人殺し集団でもあります。このような危険な集団といまだに密な関係をもっているのですが、残念ながら多くの国民はそのことを知りません。左翼系TVマスコミからしか情報を得ていないからでしょうが。

また、仙石官房長官は、東大法学部に進学したが、学生生活のほとんどを全共闘として学生運動に費やした経歴の持ち主であります。ちなみに、この仙石は、先日の韓国に対する菅談話において、従軍慰安婦問題で、政府として新たな個人補償の必要性を熱心に説く極めつけの“売国奴”です。


さて、今回の代表選ですが、小沢がいいのか菅か? 悪人面した(小沢)VS嘘で固めたクリーン・偽善政治家(菅直人)

どうなるのでしょうか?面白いですね。議員だけの投票では小沢有利でしょうが、それ以外の票は世論に左右されるので菅が圧倒的に有利でしょう。

私としては、小沢が負けて、民主党を割って分裂・消滅させて欲しい。そして、こうした民主党に巣食う“売国議員”を一掃できたらと思います。

もっとも小沢にもう一度「保守」に回帰してもらうのが前提ですが。

先の参議院選においては「幸福実現党」「たち上がれ日本」「日本創新党」など保守系政党は全滅でした。こうした憲法改正、日本の国防をテーマにした政党が、国民レベルの低い日本人に受け入れられるのはいつになるのか分かりません。

願わくば、この悪党政治家である小沢一郎がくだらない世論など無視し、彼の本分でもある“荒業”を使って「政界大再編」「保守大連合」を作り出してくれないものか。

そして、一気に憲法改正にもっていくしかこの国を守るための時間的猶予はないもかも知れません。


人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!
posted by First Daughter at 21:39 | Comment(0) | “亡国の政党”民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。