2010年11月13日

尖閣:“中国人”が動画投稿で自国政府非難…「命がけだ」

尖閣:“中国人”が動画投稿で自国政府非難…「命がけだ」   日本再生ネットワークより転載


ユーチューブ(日本版、=Youtube)に、中国人と称する若者による尖閣諸島問題絡みで自国政府を非難する内容の動画投稿が複数種類、掲載された。若者は自分の行為を「命がけ」などと紹介した。

 登場するのは若い男性で、日本語で意見を披露する。住居またはホテルの1室で撮影したように見える。動画内で自分を「中国生まれの中国人」と紹介した。

 尖閣諸島近海での衝突事件絡みで、主に中国政府の情報統制を非難。9月7日の事件発生から、中国人の間では日本の船が中国の漁船にぶつけたとの見方が一般的だったが、「日本が体当たりするわけはないと思っていた」、「中国政府はうそをついている」、「ビデオが公開されたとたん、中国政府は無言になった」、「中国のサイトに掲載されたビデオは、(当局に削除され)跡形も
なくなった」などと論じた。

 反日デモについては、「中国政府がメディアを使い、民衆を間接的に、つごうよく動かしている」、「(その方法で)効果、いやすまない、日本にとっては被害が出た」などと論じた。

 尖閣諸島の帰属について、自分は「中立の立場」と主張し、「(中国人は情報を操作されない)平等の立場で、日本と争うべきだ」、「本当に尖閣が日本領なら、ビデオは最大の味方になる。日本は(中国人の考え方を)逆転できる」などと論じた。

 投稿者は「ことばによるぶつかり合いをすべき」として、ことば以外の衝突は「見たくない」と主張。日中両国の政府がことばすら交わせない状態を批判した。1回目という動画では、投稿について「もう、あともどりはできない」、2回目では、「本当は、こんな危険なことはしたくない」など、中国当局の弾圧の対象になる可能性があるとの考えを、にじませた。


≪事務局のコメント≫

 ※◆尖閣:“中国人”が動画投稿で自国政府非難…「命がけだ」…について

シナや北朝鮮に生まれなくてよかったなあと、本当に感謝したくなる記事です。

同じ人間が、他人の自由を奪う事がどうして許されるのでしょうか。真面目に生きる人間にとっても、「自由」というのがいかに有り難い事かが分かる内容だと思います。

そういう意味でも、日本を守らねばなりませんし、社会主義を目指す菅内閣を打倒しなければなりませんし、北朝鮮やシナにも「自由」をもたらさなければならないと思います。

ある意味では、マスコミの洗脳によって、わが国の言論の自由がなくなりかけている感じもします。
シナや北朝鮮の様な国になる事だけは、属国化も含めて、どうしても阻止しなければなりません。

それにしても、朝日は民主党を必死で支えています。シナの手先なのは明白すぎです。  









それにしても、菅・仙石はひどすぎる!

「坂の上の雲」がまた放映されるみたいですが、その時代に活躍した人物と比べると、いや、比較するのは偉大な先人達に失礼すぎる。

今日のように繁栄した現代の日本において、よりによって“極左売国政治家”が国のトップに座っているのは不幸としかいいようがありません。不幸というよりは、愚かな国民が選択した結果なのですから、むしろ「因果応報」というべきうでしょう。

軍人である秋山兄弟、東郷平八郎、乃木将軍、政治家では伊藤博文、小村寿太郎…数えきれない日本国のためにきら星の如く光を放った偉人達。

現代の日本は、同じように経済至上主義によって国が滅んだ2200年以上前に存在した「カルタゴ」に酷似しているといわれることがあります。

カルタゴは経済活動のみにいそしみ、国の防衛を疎かにして結果、地球上からその姿を消したのです。しかも、カルタゴ人は一人残らず抹殺されたというではありませんか。

民主党政権下では、このカルタゴのように“シナ”に民族浄化をおこなわれ日本民族そのものがこの地球上より消え去る日が近いかもしれません眼鏡

人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!
posted by First Daughter at 20:13 | Comment(0) | 中国による属国化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

【尖閣諸島問題】与党民主党よ、管首相よ!

尖閣諸島問題】与党民主党よ、管首相よ!

尖閣・沖縄を中国に無償提供する気か?!



植松みつお氏ブログから転載
YouTubeに動画「中国が尖閣・沖縄を侵略する日」が
幸福実現党よりアップされました!
凄いです!百聞は一見にしかず。まず、ご覧あれ!
Happiness Letter Web

中国が尖閣・沖縄を侵略する日

尖閣問題、あってはならないドラマ



尖閣諸島問題は、これからの中国軍による侵略の始まりにすぎません。

これまで一貫して、領土拡大政策による覇権主義の旗を降ろさない中国は、いよいよ台湾の統一と尖閣・沖縄の実効支配に向けて動き始めました。

去る11月2日、中国外務省報道官は、日米安保条約の適用範囲に尖閣諸島を含めるのは「完全な誤りだ」「魚釣島(尖閣諸島)は中国の領土であり、それをめぐる中国と日本の争いは2国間だけの問題だ」と強烈に批判し日米同盟を牽制をしています。

これはどういう意味でしょうか?
中国の立場を代弁すれば、「米軍よ、手を引け」と言っているわけです。憲法で自国を自主防衛の放棄している日本に、アメリカが日本の防衛を止めさせたらどうなるのでしょうか?「中国と日本の2国間の問題だ」ということは、「自力で国民を守れない日本よ、白旗を揚げ、尖閣諸島を中国によこせ!」と言っているのです。

この点で、今月28日の沖縄県知事選は「普天間基地移設問題」が問われ、「日米同盟堅持」か、「日米同盟破棄」かの発火点となる選挙となるでしょう。国防問題である米軍基地問題を、無責任にも沖縄住民の意思に振ってしまっている愚かな総理ですから、住民がしっかりとした国防意識を持たないと国は滅びます。ところが、県知事選候補の主張は、米軍基地を県外移設の仲井真弘多氏(71)=自民党県連、公明推薦=と、驚くことに国外移設の前宜野湾市長で新人の伊波洋一氏(58)、そして、米軍基地を沖縄県内に置き、日本国全体の安全を政策の中に入れているのは、幸福実現党、新人の金城タツロー氏(46)のみです。

今回の沖縄知事選を一言で言えば、『亡国の徒2名VS救国の志士』という戦いと言えるでしょう。

もし、その米軍基地を県外や最悪の国外などに移設すれば、日米同盟に亀裂が生じてしまいます。もし、在日米軍が撤退したら、中国は即時に沖縄だけでなく、日本そのものを占領し、属国化するでしょう。

本当に、そのような未来を沖縄県人は認める気なのでしょうか?

また、沖縄米軍基地の存続は、お隣の韓国の安全と平和にもつながっています。沖縄を中国から守る行為が日本の平和に、引いては東アジアの平和につながる行為となります。沖縄で騒いでいる左翼分子のほとんどは中国人か中国人から資金供与を受けた国賊本土人で、純粋な沖縄県民ではないはずです。

よくよくその実態を見切って、沖縄県民には勇気ある行動を、冷静なる選択・投票をお願いしたい。
沖縄よ、強くあれ!

沖縄県人の賢明な選択で日本を、アジアを守れ!

心からそう願います。

このビデオを通じて、尖閣事件の深層に流れる中国の侵略の実態が一人でも多くの方に伝わり、日本が直面している国難の実態が少しでも伝われば幸いです。

約7分の動画です。ぜひ、知人、友人、沖縄の皆様にも本動画をご紹介頂ければ幸いです!


人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!




posted by First Daughter at 22:18 | Comment(1) | 中国による属国化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【尖閣問題】ビデオ流出で日本人は目覚めるか?

沖縄県・・尖閣諸島沖で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で、海保が撮影されたとされつビデオがインターネット上に流出した件です。

各TV局は一様にこのことを放映しています。マスコミは、現在のところ、事実のみを報道していて、そう大きなコメントをしていないようですが、例のごとく、今後はやんわりと事を荒立てないように中国に配慮した意見を出し、日本人の世論を「保守化」しないように誘導していくに違いありません。

菅・仙石ラインは中国に配慮してか、ビデオの全面公開は控え、一部の議員のみに限定して、しかも120分にわたる内容をわずか6分程度に編集したものを見せた、その矢先にこのような流出が起こりました。

流出させた人物は今のところ判明していませんが、「よくやったぞ」というような声もあちこちで上がっています。

このことで菅政権が一層の窮地に追い込まれることを願ってやみませんね。



さて、来る11月28日には県知事選があります。その最大の争点は米軍普天間基地の移設問題であります。

現在、立候補を表明しているのは、宜野湾市長の伊波洋一氏と、幸福実現党の金城竜郎氏、現知事の仲井真弘多氏の3人。

伊波氏、仲井真の両氏は、共に普天間基地の「県外移設」を表明しており、金城氏のみがアメリカとの約束済みの名護市辺野古への移転を主張しています。

幸福実現党は、立党以来、マスコミに「無視」され続け過去の2回の選挙も惨敗しているようですが、今夏の知事選で“奇跡”が起こって見事当選を果たし、沖縄を、いや日本を中国から守ってほしいものです。

ところで、この沖縄の地においては、極めて「左翼色」の強い土地柄であるようです。

それは、先の「沖縄戦」で悲惨な戦争の激戦地であったという理由もあるでしょうが、この沖縄には毎日配達される新聞が、「沖縄タイムズ」と「琉球新聞」の2社だけというではありませんか。

しかも、その2社とも「中国礼賛」の“極左”新聞社であるようです。つまり、沖縄県民は、これら極左新聞社が流す、「米軍は悪であるから、県外に基地を追い出せ!」というような刷り込みや洗脳をされているのです。

また、中国が、日本の左翼活動家や在日へ資金供与等による工作を以前よりおこなっているようで、米軍の県外移設への世論誘導がかなり進んでいるのが現状です。

もし米軍が引いてしまったら、もう終わりです。

願わくば、このビデオ流出によって平和ボケ日本人が“国防意識”に目覚めていただきたいパンチ


人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!
posted by First Daughter at 21:18 | Comment(0) | 中国による属国化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

田母神氏がみる中国の尖閣問題と遅れた産業マスコミ改革

田母神氏がみる中国の尖閣問題と遅れた産業マスコミ改革  さくやこの花さん「花散里」より転載



田母神氏の話だと、中国は問題のないところで騒ぎ立て尖閣を問題化し、中国国内で反日デモを起こし、それを日本国内で問題として受け止めさせる段階にあるという。


 日本人が反日デモを大問題だと受け止めるように、連日「反日デモ」だどうしようと、日本のマスコミを総動員して騒がせることだ。この中国の工作活動の先頭にたっているのが、いつものようにTBSと朝日新聞だ。

 

 中国の手に乗らないようにするには、反日デモなど小さく扱い、日本国内で起きている尖閣抗議デモを大きく扱うことが、日本のメディアとして取るべき態度だ。

 

 ところがやっていることは全く逆。中国工作機関のTBSや朝日にまんまと扇動されている。

 

 日本はもっと考える能力のある人間をマスコミに送りこめ。アホばかりだから中国に操られる。重点を入れて改革しなくてはいけない産業は農業ではない。農業よりもっと遅れていて、国内報道機関としての役割がまったくはたせないばかりでなく、外国に踊らされている低能日本マスコミだ(産経など一部は尖閣抗議デモを報道しているがほとんどがダメ)。



以下産経の記事

−−田母神氏が会長を務める「頑張れ日本!全国行動委員会」が今月2日、東京で行った抗議集会には3000人もの人数が集まった。31日にも名古屋で抗議集会を予定している。中国も敏感に反応すると思うが


 「そんなことは想定の範囲内。ただし、彼ら(中国)のデモと日本のデモは異なる。われわれは100%“民製”で、中国国民や中国国旗の尊厳を傷つけたりはしない。あくまで日本国民の怒りや憤りを行動で示している。だが、あちらは100%“官製”。尖閣や反日を利用し、共産党や指導部が、(自分たちへの)不満の矛先を変えている。海上保安庁に拘束された船長も人民軍の意を受けた工作員。まともに取り合っては、中国の思うツボになる」


 −−思うツボとは

 「尖閣での漁船衝突事件をみてもわかるように中国の情報戦略は、第1段階として、問題がない事象に言いがかりをつけ、第2段階で国をあげて騒ぎたてる。第3段階で、懐柔策として問題の棚上げを提案し、結果的に問題自体を既成事実化する」




−−いまはどの段階か

 「第2段階にあたる。民衆の扇動を(日本が)深刻に受け止めた時点で、たちまち問題を既成事実化する。(日本政府は)絶対に引っかかってはいけない」







日本のマスコミ=中国のマスコミということでしょう。

中国の工作員・スパイがそうとう日本のマスコミに入り込んでいることは知られています。

もし万が一、日本が中国の支配下に入るとなると、「中国共産党様!このような事件は日本において報道して良いでしょうか?」と中国にお伺いを立てているような、“売国日本人マスコミ連中”はこう考えているのではないでしょうか?

「保守的、右翼的日本人は、全員粛清されるか強制労働などの“奴隷”という運命を辿ることになるが、売国マスコミ人である自分たちだけは、身分、財産、安全などは担保される」と思っているのでしょうかね?
人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!








posted by First Daughter at 15:43 | Comment(0) | 中国による属国化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。