2011年04月25日

原子力発電は不要か?

福島県知事が原発の再稼働について「あり得ない」と断言しています。もっとも今日のニュースでは、東京都の石原都知事は「原子力発電に替わるエネルギー供給源が見当たらない現状では原発はひていできない」と正論を述べていました。

マスコミの影響もあって、原子力発電に対する風当りが非常に厳しくなっています。そして、ここぞとばかり、環境運動やCO2削減を協力に推移する人達、米軍よりもジュゴンを守れ!といったようなことにシンパシーを感じる、いわゆる「左翼運動家」が、マスコミ報道の後押しもあって原発を反対しています。

たしかに、政府や東電のこれまでの対応には多くの問題がありますし、県知事をはじめ被災地の心情に、多くの方が十分に理解をしていることと思います。しかし、このまま原発を否定して、問題になっている「福島原発」の全てを廃棄し、しかも今後は原発の新規建設は一切やらない… 
これで本当によいのですか、ということです。

少量のウランやプルトニウムからほぼ無限に、半永久的にエネルギーを取り出しているのが原子力発電です。日本は総発電電力量の30%を原子力に依存している現状では、原発がなければ日本の経済は崩壊してしまいます。

代替する安定的エネルギーが確保できるのなら、それはよいのですが、そうした担保もないまま、そうした単純な感情に走り原発を否定することは危険です。

もちろん、太陽光発電や海洋温度差発電等の新エネルギーの開発にも取り組むべきですが、しかし、これらの新技術では今現在のエネルギー需要を満たすことはできません。

原子力発電を止めると、石油に過度に依存することになり、中東諸国に日本の命運が握られることになり、国防上極めて危険になってくるのです。

日本の膨大な電力需要を安定的にするためには、原子力の安全技術を向上させる方向で研究開発を推し進めることが現実的。ようするに、もう一段の安全性さえ実現できれば、エネルギーの安全保障上も、また効率性も、原発ほど優れた技術は他にないといえます。

軍事拡張著しい中国が台湾に侵攻し場合は、石油タンカーが通るシーレーンも自ずと中国の支配下に置かれることになりますが、これは中国が反対さえすれば、日本に石油は一滴も入ってこないということを意味します。

さらには、いずれにせよ、21世紀は従来にも増して、エネルギーと食料の争奪が、新たな地球的悲劇を招く時代となるでしょう。

それゆえに、原発の研究・開発を止めてはいけないのです。


人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!



ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!



posted by First Daughter at 19:50 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

空前絶後の災害は「左翼政権」で起きる

今回の震災で比較されるのが、社会党の村山政権下で発生した1995年の阪神・淡路大震災。

この未曽有の災害発生で共通するのは、村山・菅両者ともに「左翼」政権だということです。

社会党の党員やその支持者は、マルクス主義に親和性があり、憧れを持っておる人たちです。いまさら言うまでもなく、この思想の根底にあるのは唯物論・無神論であって、「人間機械論」なのです。神仏や人間の尊厳を否定しています。

事実、旧ソ連・北朝鮮・カンボジアでは数百万、中国の「文化大革命」では数千万人の方々が粛清されています。

村山首相は95年1月4日、慣例になっていた年頭の伊勢神宮参拝をキャンセル。その直後に大地震が阪神地域を襲いました。そのイデオロギーよろしく神仏をないがしろにしたのでしょう。

ところで、この民主党政権の執行部には、輿石参議院委員長、岡崎トミ子など“札付”の旧社会党出身者がゴロゴロ… 

菅首相は学生運動に傾倒し、仙石は全共闘、枝野も同じく学生運動に励んでいる。しかも、この男は殺人などを起こしている過激派「革マル派」とつながりが深いJR総連、JR東海から献金を受けていることが発覚している。

民主党は先の衆院選において、子供手当や農家への戸別補償などバラマキをエサに政権を取ったが、防衛費をはじめ、八ッ場ダムやスーパー堤防など、国民の生命・財産を守る対策費を「事業仕訳」とう”美名”でごまかして、削りまくったということを忘れてはならないでしょう。

震災で災難に会われた方は本当にお気の毒ですが、石原都知事も言いましたが、この震災はこのような「国を売りたい」というような思想をもった指導者が国を牛耳ったということへの、ある意味神仏の怒りかも知れません。また、この政党の危険性に対して警鐘を鳴らして人や政党がいたのですが、その声聞かず、このような政党を選んだ国民にも責任があるのでしょうか?


さらには、原発事故の影響が長らく続きそうです。自粛ムードはいつまで続くのでしょうか?計画停電等もあり、関東地区の百貨店では売り上げが30%ダウンしています。

しかし、景気をこれ以上悪化させては、今後の復興の足かせになるでしょう。企業の収益が悪化して税収が減っては何もなりませんね。


人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!



ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!







posted by First Daughter at 22:27 | Comment(0) | “亡国の政党”民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。