2011年07月28日

反日マスコミ「TBSの正体」

朝日を筆頭に、毎日・NHK・反日・沖縄の二つの新聞社… 日本国解体を目指すマスコミは数多いが、これら反日マスコミの“雄”であるTBSが、何故にかくも売国報道をする必要があるのか。以下の暴露文は、その理由の一端を語ってくれています。ちなみに、TBSの親会社でもある毎日新聞社は、「東日印刷」という別会社をつくって創価学会の聖教新聞を印刷しています。

以下、『TBS窓際放送局社員の独り言より』転載〜



(1)1960年代〜

テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉 づかいの問題 (例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼 んでしまった、など)に対して、 朝鮮総連から会社及び経営幹部
の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。

抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに 設けられる。

総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での 採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から 総連に 「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のよう な甘い対応で身動きがとれなくなっていく。


2)1970年代〜

政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。

在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」 「調査報道」と勘違いした経営幹部が 社内で在日を 積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別が あってはならない」などと理想論を述べたのは良か ったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い
日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員は、 帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別 人事を徹底。

異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や 総務など番組制作の第一線から退けられる。



(3)1980年代〜90年代

昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサ ーや報道局長など、 決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えた ニュース23」の番組が学生時代に
学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により 高い視聴率を得る。

1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」 「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」 で徹底的に援護。 宇野総理のスキャンダルを連日報道し社会党党首を 徹底して「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな 社会党支持。 社会党が地すべり的な勝利。 「山が動いた」と感動の報道。



(4)1990年代〜2000年代

偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供 するなど、 報道機関として存在を否定されかねな い不祥事が続発。

ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列 のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」 を汲んだ報道が多く、その手法が良くも悪くも緻密 で計算高い のに対して、ウチの場合、この時期に 発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。

不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝 いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で行き当たり ばったり。 バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい 広告収入 が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく 依存。 まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営し ているのがウチの放送局。

2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日の スターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。




ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!






人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!



posted by First Daughter at 21:41 | Comment(1) | 左翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

孫氏は政商、マイナスに日本導く」

「孫氏は政商、マイナスに日本導く」〜ソフトバンクの太陽光発電事業参入を批判
 (産経 2011/7/16)

 ■旧知の起業家・堀義人氏 ツイッターで応酬、来月公開討論

 菅直人首相が意欲を見せる再生エネルギー特別措置法の成立を当て込み、太陽光発電事業への新規参入を目指すソフトバンク社長の孫正義氏(53)。
「脱原発」を掲げ、事業化へと邁進(まいしん)するカリスマ経営者に対し、インターネット上で猛然と批判する起業家がいる。国内最大規模のビジネススクールを経営する堀義人氏(49)だ。堀氏は孫氏を「政商」と呼び強く非難。
孫氏も堀氏を「原発推進論者ですか」と応酬。旧知の2人は8月5日に1対1の公開討論を行う。

 
 ■尊敬から一転

 《(孫氏は)「政商」の様に振る舞い、自分が都合が良い方向、日本にとってマイナスな方向に導いている…》《(孫氏が脱原発を叫ぶのは)政商となり補助金を得て儲けたい…》

 堀氏が4月以降、短文投稿サイトのツイッターに、孫氏を批判する書き込みを繰り返していたところ、7月に入り、孫氏もツイッターで“反撃”した。

 《堀義人さんは、結局の所、原発推進論者ですか。一度トコトン議論しますか?》

 堀氏は平成4年、社会人向けのビジネススクールを経営する「グロービス」を設立。現在はベンチャー企業などに投資する400億円のファンドの責任者でもある。自社の教材を執筆する際、自ら孫氏を2度「取材」したこともある間柄。「起業家の先輩として力量を高く評価し敬意を表していた」と語るほどだった。

 堀氏は批判に転じた理由について、「100万人以上のフォロワー(ツイッターの登録読者)がいる孫さんの発言は影響力が大きく、方向性が間違っていると国民全体に多大な損害を与えるから」と語る。

 再生エネルギー特措法案は、企業や家庭が太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した電気の全量を、電力会社に買い取らせるというもの。発電設備導入には国などから補助金が出されるほか、買い取りにかかる費用は電気料金への上乗せが前提で、国民負担によって新規参入者がもうかるだけとの指摘もある。

 孫氏は5月14日、菅首相と会食し再生可能エネルギーの普及で意気投合。同月25日にはソフトバンクが太陽光発電事業に1千億円規模を投資すると表明した。

 
 ■韓国に避難?

 堀氏は太陽光発電は夜間に発電できないことやコストの問題などから「10年以内に20〜30%の電力を安定的に供給できる可能性はゼロに近い」と指摘。孫氏発言の一番の問題点について「太陽光発電が原発の代替手段になるかのような幻想を抱かせていることだ」と断じる。その結果、「原発の再稼働を遅らせ、日本経済に壊滅的な打撃を与えることになる」と懸念する。

 堀氏はソフトバンクが9月に国内での大規模災害に備え、韓国にデータセンターの運営会社を設立することについても矛先を向ける。「脱原発が進むと、日本から安定的な電力が奪われ、電気料金も上がる。だがソフトバンクは、原子力でまかなわれた電気料金の安い韓国で難を逃れられる。非常に矛盾している」

 
 ■ビジネスだけ?

 堀氏は孫氏が目指す太陽光発電事業について、「代替エネルギーを増やすこと自体には賛成だ」としながらも、(1)補助金を受けないこと(2)電力の買い取り価格が適正であること−の2つの条件を挙げる。その上で「孫氏は菅首相に近づき、自治体首長らとも連携するなど政治力を使い、自分のビジネスを有利に持っていこうとしている。まさに政商だ」と批判する。

 実際、孫氏は買い取り価格について「世界的な相場観なら採算が成り立つ。政府の決め方次第だが、日本だけが異常に低いとなると実験レベルで終わってしまう」と発言している。

 堀氏の主張に対し、孫氏はどう反論するのか。公開討論の時間や場所などは近く、両氏のツイッターで発表される見通しだ。

                   

【用語解説】再生エネルギー特別措置法案

 電力会社に太陽光や風力など再生可能エネルギーで発電した電気の全量買い取りを義務づける制度が柱。電力会社は経済産業相が定める一定の期間と固定価格で買い取るが、買い取りにかかった費用はすべての利用者の電気料金に転嫁される。法案は民主党政権が地球温暖化対策の一環として東日本大震災前に策定。3月11日に閣議決定、7月14日に審議入りした。

                  
                   ◇
 

【プロフィル】堀義人

 ほり・よしと 昭和37年生まれ。京都大工学部卒。米ハーバード大経営大学院修士課程修了。住友商事を経て、平成4年にグロービス(東京都千代田区)設立。18年にグロービス経営大学院を開学、学長に就任。現在、経済同友会幹事などを務める。茨城県出身。

                   ◇

【プロフィル】孫正義

 そん・まさよし 昭和32年生まれ。米カリフォルニア大バークレー校卒。56年に日本ソフトバンク(現ソフトバンク)設立。平成8年に米ヤフーの筆頭株主となり、日本でもヤフーを設立。16年には日本テレコムを買収、携帯電話事業にも参入した。佐賀県出身。




孫正義の印象を聞けば、日本人は、「在日でありながら苦労して大成功した立志伝中の人格的にも尊敬できる人物」と答える人が多いでしょう。

日本人においては、マスコミの反原発の刷り込みもあって、孫正義社長の脱原発発言をある程度評価している向きもありますが、彼は韓国においては原発を評価する発言をしています。日本の原発を否定しておきながら、韓国の原発を絶賛するような人物の「脱原発」発言など当然信用に値しないことは言うまでもありません。


おまけに、「ソフトバンクの携帯電話はつながりがものすごく悪い」という顧客からの苦情は後を絶ちません。


http://www.news-postseven.com/archives/20110705_24864.html
6月下旬に開かれた株主総会では当然の如く、株主から「携帯がつながりにくい。どうにかしろ」と追及された。すると孫氏は、「ゴールデン周波数といわれる800メガヘルツ帯を持っているかどうかのハンディキャップは大きい」と、自由化しない政府が悪いと反論してみせた。

ついには社内からも反対意見が噴出し始めている。孫氏を見かねて、あるソフトバンクの最高幹部は、知人にこう漏らしたという。





これは携帯事業を推進するにあたって、予め予想できたことでしょう。単に中継局が少ないだけの話であって、そこへの投資を怠ってきたツケが回って来たということではないでしょうか。



■再生エネルギーの問題点

問題の本質は、再生エネルギーは、これまで基幹エネルギーを賄ってきた「原子力を代替できるものではない」ということです。

そもそも、風力や太陽光などの再生エネルギーは出力が弱く、2009年度の発電に占めるシェアは1%に過ぎません。早急に原発に代替できるものではありません。

また、再生エネルギーには様々な問題点があります。

まず、太陽光や風力の発電コストは、原子力と比較して割高です。

ちなみに、2022年までに脱原発を進めることを閣議決定したドイツは、原発の発電分を再生可能エネルギーで賄うために、電気料金を11%値上げする予定です。

基幹産業である自動車産業への負担は重く、1台当たりの生産コストが190ユ−ロ(約22,000円)上昇します。

また、100万kw原子力発電所1基分を代替する場合、太陽光であれば約58平方kmで、これは山手線の面積とほぼ同じです。一方、風力の場合は約214平方kmで、実に山手線の面積の3.4倍に相当します。


EUを牽引しているドイツも、確実にこれで2流国に転落することに違いありません。

日本は?

日本は経済が急速に落ち込み、数年後には中共の餌食になっていることでしょう。


ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!








人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!



posted by First Daughter at 21:05 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

やっぱり税金が配れていた北朝鮮系団体への献金

TheLibertywebより転載


菅直人首相の資金管理団体「草志会」が北朝鮮とつながりがあるとみられる政治団体「政権交代をめざす市民の会」(以下、めざす会)に計6250万円の政治献金をしていた問題で、献金の原資が国民の税金から出ていたことが分かった。13日付産経新聞が報じている。

2007年、民主党が6回に分けて草志会に計1億2390万円を献金、さらに草志会がめざす会に5000万円を寄付していた。また、民主党は07年から09年にかけて草志会に計1億4980万円献金、同期間に草志会はめざす会に計6250万円を寄付している。


政党助成法に基づいて一定の要件を満たした政党には政党交付金が配られるが、この原資は国民の税金だ。

「政権交代をめざす市民の会」は、政治団体「市民の党」から派生したもので、市民の党は、日本人拉致事件の容疑者とよど号ハイジャック犯の間に生まれた息子が所属しており、北朝鮮と関係が深い。


また民主党政権は、基準を満たせば朝鮮学校にも無償化を適用すると決定しており(現在指定手続き停止中)、一方で日本国民には増税しようとしている。日本はいつから北朝鮮に“朝貢”する国になったのか。



もうメチャクチャです。

青山繁春さんがおっしゃっていましたが、「菅直人がめざす会に献金をしたことは、オバマ大統領がオサマ・ビンラディンに同様の行為をしたことに等しい」というようなコメントだったと思いますが、こんな驚天動地の事件であるにもかかわらず、産経以外は皆スルーしています。

NHK・朝日はもちろん、反日代表格のTBS、そして、その他大マスコミは、背後で反日系の何らかの圧力がかかっているのでしょう。



ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!



人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!
posted by First Daughter at 20:54 | Comment(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

「同和のドン」松本龍復興大臣の恫喝

朝日新聞より転載

松本龍復興担当相は3日、東日本大震災の被災地である岩手・宮城両県を訪ね、両県知事と会談した。前日の福島県に続く就任後初めての被災地訪問だが、被災者の感情を逆なでしかねない発言を連発した。週明けの国会で野党が追及する可能性もある。


 最初に訪れた岩手県庁の玄関前では、衛藤征士郎・衆院副議長からもらったというサッカーボールを持ち出し、「キックオフだ」と達増拓也知事に蹴り込んだが、達増氏は取り損ねた。会談では、仮設住宅の要望をしようとする達増知事の言葉を遮り、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」と指摘。仮設住宅での孤独死対策などの国の施策を挙げ、「国は進んだことをやっている。(被災自治体は)そこに追いついてこないといけない。知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないやつは助けない。そのくらいの気持ちを持って」と述べた。また、「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」と冗談めかして話した。


 午後に訪問した宮城県庁では、応接室に後から入ってきた村井嘉浩知事に「お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ。しっかりやれよ」と語った。被災した漁港を集約するという県独自の計画に対しては「県でコンセンサスをとれよ。そうしないと、我々は何もしないぞ」などと厳しい口調で注文をつけた。


 村井氏は面会後、記者団に「地元のことをよく分かっている方が大臣に就任して喜んでいます」と防災相から引き続き震災対応に当たる松本氏を評価したが、ある県幹部は「被災地に来て、あの言動はない」と憤っていた。




以下、瀬戸弘幸さんのブログから引用します。


松本復興相、宮城県知事と会談
http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk


「県にそれ、コンセンサス得ろよ!そうしないと我々、何もしないぞぉ。ん、ちゃんとやれよ。 今、後から自分(知事)は入ってきたけど、お客さん(復興担当大臣様のこと)が来るときは自分が入ってからお客さん(復興担当大臣様のこと)を呼べ! いいかぁ?!
長幼の序が分かってる自衛隊なら、そんなことやるぞ? 分かったぁ? はい。しっかりやれよぉ!

今の最後の言葉はオフレコです。いいですか、皆さん。いいですか?はい。

書いたらもう、その社は終わりだから。」



 どんな生き方をしてきたら、次々とこのような恫喝めいた言葉を繰り出せるのか? この大臣には礼節というものが何であるかを理解する素養は備わっていないようです。さすがに部落出身者とはこのような人物を指すのだと、東北人である私は初めて知りました。

 この松本に限らず民主党の政治家は国民が納めた税金を自分のお金とでも勘違いしている奴が多過ぎます。自分のポケットマネーじゃないのですから、もう少し言い方があると思います。国民から付託を受けて携わっているという真摯な気持ちが全く感じられません。

 民主党は一言でいうならゴロツキですね。そのような連中の集まりです。

 こんな連中に日本を任せてしまったのは、我々有権者の失敗でした。トンデモナイ連中だと驚いてばかりではダメなのです。このようなろくでなしを選出してしまったと我々の側も深く反省しなければならないと思います。

 これは東北だけの話ではありません。「人権侵害救済法案」などというものが成立してしまうと、この松本龍のような連中に取り囲まれて糾弾され、そしていきなり自宅に乗り込まれガサ入れなどが行なわれてしまうのです。

 そのことを国民全体でよくよく考えていかねばなりません。人権マフィアと化した部落解放同盟をこのまま放置しておくことは非常に危険過ぎると言わざるを得ません。こちら側も何らかの対策を講じていかねばと思います。

 さて、松本龍が復興大臣に就任してから、東北地方においても部落解放同盟を名乗る輩が暗躍し始めました。自分たちが復興予算を牛耳っているので如何様にも出来るという、まさにかつての同和予算をちらつかせての利権漁りです。

 現在、岩手県、宮城県にまでは中々足を運ぶことは出来ませんが、福島県においてはそのような解同の暗躍は絶対に認めることは出来ません。原発災害被害者の会の設立趣旨は被災者救済にありますが、このような輩に対しては正義の鉄槌を加えることも原発災害被害者の会としての重要な使命として付け加えることに致しました。
(引用終わり)





福岡県、特に福岡市という土地は、まさに同和にぐるーと取り囲まれている、非常に多くの部落民を有する都市であります。

暴力団員の構成比として、部落出身者、そして順番に韓国人、朝鮮人という構成になっており、純粋な日本人はあまりいないといいます。

TVで松本氏のコメントを聞いていましたが、、まさしく「暴力団」そのものです。自分の利益で生きていて、本心では、被災者のことなどはこれっぽちも心配していないでしょう。

松本龍は福岡空港近くにも膨大な土地を有しており、巨額の資産を所有しているようです。その大半は、我々の血税を同和利権でせしめたことには間違いはないでしょう。暴力団とのつながりも深いようです。ある意味、ヤクザ組織を束ねているといっていいでしょう。




ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!



人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!





posted by First Daughter at 18:42 | Comment(0) | “亡国の政党”民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。