2011年03月04日

前原外務大臣は「ニセ保守」

前原外相、在日外国人から献金=規正法に抵触、野党は辞任要求―民主内にも進退論
時事通信 3月4日(金)

 前原誠司外相は4日午後の参院予算委員会で、在日外国人から政治献金を受け取っていたことを明らかにした。前原氏は「返金し、政治資金収支報告書を訂正したい」と述べた。政治資金規正法は外国人からの政治献金を禁じており、自民党は前原氏に辞任を要求。民主党内からも前原氏の進退を問う声が上がった。「政治とカネ」に絡む有力閣僚の不祥事の表面化で、厳しい政権運営が続く菅直人首相は一段と厳しい立場に追い込まれた。

 予算委で前原氏は、自民党の西田昌司氏の質問に答え、事実関係を認めた。前原氏は京都市内の飲食店経営者から2008年に5万円の献金を受け取っていた。この経営者との関係については「政治の世界に入る前から親しくし、特に私が政治の世界に出てからも一生懸命応援いただいている」と説明した。
 西田氏は献金額について「過去4年間、5万円ずつ計20万円ではないか」と追及した。前原氏は「全体像を調べてしっかり対応したい」と述べたが、西田氏は「責任を取って辞任すべきだ」と要求。首相にも前原氏の罷免を求めた。

 前原氏はこの後、首相官邸で首相に謝罪。首相は徹底調査するよう指示した。引き続き外務省で記者会見した前原氏は、献金について「そういう形で頂いているとの認識はなかった」と釈明した。また、「全て私の責任だ」と述べるとともに、「全体をよく調べた上で、どのように判断するか決めたい」と語った。 






前原は次期総理大臣候補でもあり、右から左までごちゃ混ぜ(左のほうが多い)民主党の議員の中でも、保守派のエースと思われていましたが、私もうすうす感じていた通り、この人はやはり、「在日のエース」でありました。

前原自身も「外国人参政権」成立に前向きであることからして、この男は完全に「売国奴」であると言わざるをえません。

容姿や一見切れのいい言動に騙されてはいけません。

それに、嫁が創価学会員であり、防衛利権、北朝鮮との関係、同和利権…噂されています。

もう、菅内閣はもたないと思います。しかし、日本の亡国の危機がもうそこまで来ているという状況認識を持っている国民は少ないといえます。

中国・北のスパイマスコミである「朝日」「毎日」「TBS」がうまく洗脳しているので、他国では政府に対して“暴動”が起こっているはずですが、相変わらず国民は平和ボケしております。どうしようもありません。

ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!




posted by First Daughter at 22:54 | Comment(1) | “亡国の政党”民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松江周辺には神話がもとになった縁結びスポットが沢山あります!そうなれば。。出会い…”縁”を求めている人、結ばれた縁をさらに深めたい人にもおすすめの場所なんです!神に祝福される様な出会いをして下さい!
Posted by 松江 出会い at 2011年06月06日 03:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。