2011年07月04日

「同和のドン」松本龍復興大臣の恫喝

朝日新聞より転載

松本龍復興担当相は3日、東日本大震災の被災地である岩手・宮城両県を訪ね、両県知事と会談した。前日の福島県に続く就任後初めての被災地訪問だが、被災者の感情を逆なでしかねない発言を連発した。週明けの国会で野党が追及する可能性もある。


 最初に訪れた岩手県庁の玄関前では、衛藤征士郎・衆院副議長からもらったというサッカーボールを持ち出し、「キックオフだ」と達増拓也知事に蹴り込んだが、達増氏は取り損ねた。会談では、仮設住宅の要望をしようとする達増知事の言葉を遮り、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」と指摘。仮設住宅での孤独死対策などの国の施策を挙げ、「国は進んだことをやっている。(被災自治体は)そこに追いついてこないといけない。知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないやつは助けない。そのくらいの気持ちを持って」と述べた。また、「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」と冗談めかして話した。


 午後に訪問した宮城県庁では、応接室に後から入ってきた村井嘉浩知事に「お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ。しっかりやれよ」と語った。被災した漁港を集約するという県独自の計画に対しては「県でコンセンサスをとれよ。そうしないと、我々は何もしないぞ」などと厳しい口調で注文をつけた。


 村井氏は面会後、記者団に「地元のことをよく分かっている方が大臣に就任して喜んでいます」と防災相から引き続き震災対応に当たる松本氏を評価したが、ある県幹部は「被災地に来て、あの言動はない」と憤っていた。




以下、瀬戸弘幸さんのブログから引用します。


松本復興相、宮城県知事と会談
http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk


「県にそれ、コンセンサス得ろよ!そうしないと我々、何もしないぞぉ。ん、ちゃんとやれよ。 今、後から自分(知事)は入ってきたけど、お客さん(復興担当大臣様のこと)が来るときは自分が入ってからお客さん(復興担当大臣様のこと)を呼べ! いいかぁ?!
長幼の序が分かってる自衛隊なら、そんなことやるぞ? 分かったぁ? はい。しっかりやれよぉ!

今の最後の言葉はオフレコです。いいですか、皆さん。いいですか?はい。

書いたらもう、その社は終わりだから。」



 どんな生き方をしてきたら、次々とこのような恫喝めいた言葉を繰り出せるのか? この大臣には礼節というものが何であるかを理解する素養は備わっていないようです。さすがに部落出身者とはこのような人物を指すのだと、東北人である私は初めて知りました。

 この松本に限らず民主党の政治家は国民が納めた税金を自分のお金とでも勘違いしている奴が多過ぎます。自分のポケットマネーじゃないのですから、もう少し言い方があると思います。国民から付託を受けて携わっているという真摯な気持ちが全く感じられません。

 民主党は一言でいうならゴロツキですね。そのような連中の集まりです。

 こんな連中に日本を任せてしまったのは、我々有権者の失敗でした。トンデモナイ連中だと驚いてばかりではダメなのです。このようなろくでなしを選出してしまったと我々の側も深く反省しなければならないと思います。

 これは東北だけの話ではありません。「人権侵害救済法案」などというものが成立してしまうと、この松本龍のような連中に取り囲まれて糾弾され、そしていきなり自宅に乗り込まれガサ入れなどが行なわれてしまうのです。

 そのことを国民全体でよくよく考えていかねばなりません。人権マフィアと化した部落解放同盟をこのまま放置しておくことは非常に危険過ぎると言わざるを得ません。こちら側も何らかの対策を講じていかねばと思います。

 さて、松本龍が復興大臣に就任してから、東北地方においても部落解放同盟を名乗る輩が暗躍し始めました。自分たちが復興予算を牛耳っているので如何様にも出来るという、まさにかつての同和予算をちらつかせての利権漁りです。

 現在、岩手県、宮城県にまでは中々足を運ぶことは出来ませんが、福島県においてはそのような解同の暗躍は絶対に認めることは出来ません。原発災害被害者の会の設立趣旨は被災者救済にありますが、このような輩に対しては正義の鉄槌を加えることも原発災害被害者の会としての重要な使命として付け加えることに致しました。
(引用終わり)





福岡県、特に福岡市という土地は、まさに同和にぐるーと取り囲まれている、非常に多くの部落民を有する都市であります。

暴力団員の構成比として、部落出身者、そして順番に韓国人、朝鮮人という構成になっており、純粋な日本人はあまりいないといいます。

TVで松本氏のコメントを聞いていましたが、、まさしく「暴力団」そのものです。自分の利益で生きていて、本心では、被災者のことなどはこれっぽちも心配していないでしょう。

松本龍は福岡空港近くにも膨大な土地を有しており、巨額の資産を所有しているようです。その大半は、我々の血税を同和利権でせしめたことには間違いはないでしょう。暴力団とのつながりも深いようです。ある意味、ヤクザ組織を束ねているといっていいでしょう。




ブラックでもオーケーなキャッシング会社がありました!



人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
このブログに興味のあった方はクリックをお願いします!





posted by First Daughter at 18:42 | Comment(0) | “亡国の政党”民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。