2012年07月26日

「オスプレイ・反原発」反日メディアの大合唱

連日のTV報道にはうんざりです。

みのもんたの朝ズバから始まり、古舘一郎の報道ステーションまで、「オスプレイ反対」「反原発」への世論形成報道はひどすぎる。今流行りの「B級国民」が連日の報道を観て、中国の手先である反日メディアの洗脳にかかっていると思ったら、本当にやるせない気分になります。

自民党の保守派議員の国会質問を見ても、このオスプレイ配備に反対しているではないですか。沖縄仲井真知事も「このまま安全性が確認されず導入されたなら日米同盟にヒビが入る」などと言っていますが、逆で、このまま世論のおもむくまま配備をずるずると遅らせるならば、米軍の辺野古への移転問題に続き、アメリカの信頼を一気に失い、そして本当に日米同盟を破棄すると宣告されるかもしれません。

オスプレイの安全性を疑問視する報道が恣意的になされていますが、統計に従うと、オスプレイを配備したほうが事故率は低くなります。オスプレイMV22事故率は1.93で、一方、海兵隊所属のヘリを含む航空機の平均事故率は2.45だそうです。

原発問題同様、ニュース等では全くこういったことを取り上げません。沖縄問題と同じで、アメリカを追い出し、中国の属国となるべくこういった偏向報道をやっているのでしょうか?

産経新聞のみです。原発推進、オスプレイの速やかな配備を訴えているのは…
posted by First Daughter at 22:56 | Comment(0) | 中国による属国化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。