2007年09月05日

オヤジの成功哲学

オヤジの成功哲学も最後の章になります。

成功と自己実現とは、ほぼ同意語となると思います。
自己実現の過程では、それは本人にとってはとても嬉しいことでもありますが、同時に危険でもありうるということです。まわりの状況が見えなくなる…

そこで、自己実現における注意点について述べておきたいと思います。

第一は、初心を忘れてはならない。
自己実現の達成の途中でいろんな要素が加わってきたり、その軌道が修正されることが数多くあります。きどう軌道修正自体は悪くはないのですが、この時に発展に目がくらんでしまい、初心を忘れてしまいがちです。この時こそ、常々原点回帰する必要があります。
自己実現のメカニズムで最も大切なのは、意思の部分と言ってよいでしょう。この意思をどれだけ固めることができたか?
途中で変節しては、実現が遠のいてしまいます。

第二は、協力者をよく選べということです。
発展してゆく過程において、いつのまにか内部にがん細胞が広がっているということがよく見受けられます。

第三は、「うぬぼれ」を戒める。
人間というものは、とにかく小成しやすいものです。慢心してしまいがちです。
「実れば実るほど、頭を垂れる稲穂かな。」このような謙虚な姿勢をとってゆく人は、また成功してゆく。
といった、永遠の成功の道を歩んでゆくことにもなるのです。

つまり、謙虚な姿勢を忘れず、また感謝の姿勢を忘れないのであるならば、たとえどこかで危機が訪れたとしても、またそれなりに回避してゆくことが可能であるのではないかと思います。










posted by First Daughter at 22:44 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

オヤジの成功哲学

人間は、体調がよくて、朝から「今日も仕事に頑張るぞ!」という気持ちがある時は、否定的な感情はわいてこないものです。この否定的な気持ちが起きてくるということは、たいていは仕事に疲れていて、やる気がおきない、身体がだるい…
健康管理を怠ると本当にこういった状態に陥ってしまいますね殮
スポーツジム、スポーツサークルや趣味でなんらかの運動を定期的に行ってゆくということは、成功者といわれている人はみんなやっていることです。
そして、この暗い感情は、結局、失敗者を引き寄せることになるということを皆さんは知っているでしょうか?
人間の心は、磁石みたいなもので、「類は友を呼ぶ」ことになるのです。
失敗のイメージを、常々持っていると、またその失敗をしそうな人を呼び起こすことになるのです。
当然、逆もまた真なりです。成功者は、成功者を引きつける。

事業の成功・不成功も、人との関わりから始まります。
事業のとんでもない失敗は、ほとんどの場合が組むべき相手をも見間違えたことによるものです。

肯定的・積極的な人が集まって成功しないことは殆んどありません。
この上に、想念の積極化・明朗化が何よりも大事なことです。
ですので、何でもよいので小さな成功体験を積むことが重要であると思います。積極的なイメージを持つことによって、小さな成功体験を作ってゆくのです。
日々の仕事のおいて、その日の達成すべき目標となるもの。
積極的に自分が成功しているさまを想像し、そして見事に成果を上げて帰ってくる場面をありありとイメージするのです。
これが一回でも成功すると、テクニックとなって次も割合と簡単にイメージでき、そしてまた成功する!といった善の循環が始まればしめたものですシャープダイヤル

また、積極的イメージの出し方としては、常に新しい目標を打ち出し、発明をしてゆくことでもあります。
こうしたことを日々やっている人というのは、成功せざるを得ないということでもあります。

下の本はかなり元気になります!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






posted by First Daughter at 22:21 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

オヤジの成功哲学

これまでの内容を整理しますと

1.常々、積極的な言葉を発すること

2.心の中に、成功した自分の理想像を描き続ける(一番難しいです)
目的地が決定されなければ、操縦士が乗り物をどこに向かわせればいいか分からないのと一緒で、潜在意識あるいは心の深い部分に自分自身の人生をつかさどっている意識がある。その潜在意識の操縦士に、「自分はどの方向に向かいたいのか」いつも教えて教えておかなかければならない。

3.目標をもって進んでいても、必ずブレイクスルーというか壁がその実現を阻もうと襲ってくるもの。成功するためには、そうした時に、最後まで粘り続けることが大事である。

さて、想念を維持していくためにはどのどのようにしたらよいのか?
意外と気づいていない人が多いのですが、健康がすぐれないことが原因で暗い想念に移行していくことも多々あるということです。
成功するためには、収入の一部を健康づくりまわすぐらいでも良いと思います。
もちろんお金がなければ、自分なりに工夫をすればよいでしょう。

次に、肯定的・積極的イメージを出していくためには、「成功体験」というものを踏むことが非常に大切なことであるのです。
それは、実は小さなもの、何か小さな成功体験をかさねてゆく。これが重要です。

おすすめの良書
↓↓↓↓↓↓↓


posted by First Daughter at 09:25 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

オヤジの成功哲学

毎日、ものすごく暑いですあせあせ(飛び散る汗)かわいい

早く天才科学者が出現して、化石燃料に代わる代替エネルギーを開発してくれんかなぁーひらめき

話題になったアール・ゴアの「不都合な真実」を観ました。
50年後は、気温が50度になりこのままでは人類は死滅する運命にある…とやばいですあせあせ(飛び散る汗)

さて、想念の具象化について語ってきました。
積極的思考の対極として、否定的想念・自己破壊的想念ということもあるということです。
常々、不幸なビジョンを描いている人は結構多いものです。
場合によっては、三分の二以上の人がそうではないかと推測されます。

こうした人は、おおむね過去に挫折したトラウマともいえるものを持っているようです。このトラウマが、潜在意識の深いところでマイナスの波動を出していて、次々といわゆるよろしくないことを誘き寄せてくる…

こういったことがよくあるようです。

クビになった経験のある人は、他の職場に移ってもクビになりそうな気がする。そして、ビクビクしながら働いていると、案の定クビになってしまった…
こういったことは実際よくあることです。

「逆もまた真なり」で、一つの職場で大成功した方が、違う職場いおいても成功をおさめる。善の循環もあるということです。

これは何かというと、イメージが積極的か消極的かの違いでしょう。
繰り返されるイメージが、実現されるということです。

ただ、イメージが暗い人は、その原因が過去の挫折体験だけではないということも申し上げておかなければなりません。
それは、自信の無さからくることもあるようです。

それでは、どうしたら積極的思考になれるのか?
は次回で!

おすすめの良書
↓↓↓↓↓↓↓

posted by First Daughter at 21:21 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

オヤジの成功哲学

さて、「今日から決意新たにし、理想実現のためにビジョンを毎日描くぞー!!」決心するも、永年の心の習性は、哀しいかな、多くの人はもとの“居心地のいい”否定的な想いに引っ張られていくことになるようです。
「やっぱり!俺はついてないのだーもうやだ〜(悲しい顔)」と自己憐憫に浸る…
三日ももたないのが人間の性というものでしょうか?
せっかく未来に向けて、理想実現という名の偉大な事業がGO!しかけていたのが壊れてしまいますねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ここで重要なことは、想念を描いたのならば一定の時間把持し続けることです。
最低三年、同じことを思い続けたならば、形は多少変ってもなんらかの実現はなしうると断言できます。
それが、十年間一つのことを想い続けてそれが成功しないことはないでしょう。
例え、平凡な人間であっても、十年間同じビジョンを持ち続けたならば、その人独自の事業を起こし、形あるものを残してゆくであろうと思います。

おすすめの良書
↓↓↓↓↓↓↓

posted by First Daughter at 22:52 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

オヤジの成功哲学

オヤジの成功哲学もいよいよ佳境に入ってきましたパンチ
『想念の力』

成功哲学でよく耳にするのは「思いは実現する」とい言葉でしょう!
「思い」という一般的な言葉において、物理的な力をもってくるのはいわゆる「念い」という意味での言葉です。
「念」のほうは、思考が一点に凝縮されたさまのことをさします。

そうですね。人間の心の作用の一つである思考が、自己実現というものに重要な要素をもっているとういうことです。

言い換えるならば、将来自分はどのように生きたいのか?
こういったビジョンが、一時期浮かぶだけでなく、繰り返し繰り返し心に浮かぶ時に、これは一つの力を有してくるとういうことです。

そして、この想念は単に設計図に留まるだけでなく、更に大きな仕事をしてまいります。
この設計図は、やがて見積もりをし始め、建築工事に必用な人を集め、その為の資金を引き寄せる。
そして、自動的に設計図どおりの「家」が建ってゆくグッド(上向き矢印)

じつは、この想念というものは、このイメージといったものは世界中をかけめぐり、想念と想念がお互いに働きかけをしているのです。

昨今のスピチュアルブームもあり、「守護霊」「指導霊」ということばを聞いたことがあるでしょう。
本当は、守護霊といわれる方がみなさんにはいて、指導しようといつも思っているのです。
ですから、みなさん一人ひとりが心に強く思っていることは、「あの世」にいるこうした守護霊がそれをキャッチしているということです。

これは、現実社会でもそうです。
具体的な目標、明確なビジョンを常々把持している人は、自己実現しやすいのです。成功の道を歩んでゆくことになります。
それは、その人が持っている確固とした信念によるイメージというものが、人々をして感動させるからなのではないでしょうかぴかぴか(新しい)

次回は、「想念の具象化」「具体的テクニック」についてで手(チョキ)

『成功哲学』お薦め書籍
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



posted by First Daughter at 21:01 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

オヤジの成功哲学

成功哲学として、前回までは主に「言葉による創化力」について述べました。

注意したいことは、巷にあふれる成功哲学に書かれている内容は、ややもすると自分のみが成功するという自己実現にかたよっているといいってもいいでしょう。
「WINーLOSE」とでもいいましょうか…

それでも、念というか同じことを永く考え、積極的に活動していけば、勿論自己実現は達成されてゆくのは宇宙の法則ですが、長くは続きません。

成功するにも「代償の法則」というものがあり、自らが繁栄したならば、これを天にお返ししないと「滅びの門に到る」というものです。

私も「ウェイン・ダイアー」「ナポレオンヒル」「マーフィー」「中村天風」「ジェームスアレン」等かなり読み込みました。

「ナポレオンヒル」「マーフィー」「中村天風」は、一言で言うと“思いは実現する”〜ですね。

ネットワーク系ビジネスのセミナー等でも、「ナポレオンヒル」の成功ノウハウを取り入れているところも結構あるようです。

このような人たちに接したことがありますが、全然魅力を感じませんでした…

高級外車に乗って、美女を手に入れて…ぴかぴか(新しい)というところでしょうか?眼鏡

まあ、特別悪くはないのでしょうが。


企業家に限定しますが、後世に名を残している歴史上の成功者といわれる人たち…

日本でいえば知らない人はいないですね。「松下幸之助」「本田宗一郎」「二宮尊徳」〜

戦前、戦後と、経済的繁栄を通して日本を明るく照らしだした人たちであります。

勤勉で知られています二宮尊徳は、独自の金融互助システムをはじめ、報徳仕法といわれる財政再建を各地で実践。
荒れ果てた農村を農民の精神面から再建しました。

「松下幸之助」「本田宗一郎」は論をまたないでありましょう。
海外では、「ロックフェラー」「フォード」「カーネギー」「ビル・ゲイツ」

この人たちに共通することは、自分を発展させることは他の人を利するという信念に貫かれていたということです。


そうであるからこそ、いまだに人々に尊崇の念を抱かせているのではないでしょうか。

反対に、最近世間を騒がせ「滅び」に到った「コムスンの前代表」、「ホリエモン」、こういう人たちは、何かをいわんや〜ですね。

ようするに、永きにわたる繁栄を享受し、人々に感動を与えるためには、その経営的手腕や、才覚も必用でしょうが、神様に愛されれるような「自分が発展するのは、世の為、人の為」という愛の心が常にあったからでしょう!

私の知人の社長にも、こんな有名人まではいかないにしろ、同じような心境をもった人が二人ほどいらっしゃいますよ。

一人は九州でも有数の建設会社。
もう一人は、中国地方の岡山に本拠をもつ社長で、スーパーを今全国展開させています。

オヤジの成功哲学を述べているつもりが、何やら話がかなり壮大になってきました(汗;)…

次回は、具体的に成功するための方法を書きたいと思いますexclamation

こころ洗われる、感動の「成功哲学」の本です!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓











posted by First Daughter at 21:03 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

オヤジの成功哲学

成功哲学で実行簡単にして根幹である、前回は主に「言葉の創化力」についてお話しました。

一日の中で、どれぐらいの時間「肯定的な言葉」を口にしているか?

悲しいかな、何事もうまくいってない人は、こういった本を読んだ当初こそ今までの悪しきクセを直すべく、感動覚めやらずといったところでしょうか、一念発起して朝に夕に実行するみたいですが、「よき言葉の実践」は一週間ももたないようです。

長年の蓄積された傾向性は「慣性の法則」と一緒で簡単には変らないようですね。

それに、効果はすぐ現われない!のが当たり前で、過去の培ったマイナス根性を入れ替えるには、かなりの“継続”が必用です。

たいていの人はふとした時に、「あ〜あもうやだ〜(悲しい顔)」と「愚痴とか、ため息」をつきます。

ラッキーなことがあった時だけでなく、これをふとした時にでも、「俺はついている!」「毎日が素晴らしい!」とつい口から出てくるまで習慣化するべし!
といったところでしょうかわーい(嬉しい顔)

でも、昔からの「黄金律」で、成功した歴史上の偉人たちは、みな、常々「肯定的な言葉」を発していたといわれています。
これは、次回紹介する“成功哲学の秘儀”である「想念の力」と一緒で大宇宙の法則のようです。

下の本はかなり元気になります!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





posted by First Daughter at 21:25 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

オヤジの成功哲学

7月に突入。

ここ福岡天神も、バーゲン開始ということもあって、土・日とも
最高の人出であったみたいですね。

例年、セールをしなかった高級ブランド「フェラガモ」がセールをやっていたのにはちょっとビックリ!
今期は、消化が悪かったのかなあ?

バーゲン開始の土・日はホントお疲れです。
朝早くから出勤し、夜遅くまで働いてクタクタです…
人の多さに疲れるのか?
19時過ぎぐらいから「もう売れんでもいい〜」
などと思ってしまうほどです。
いけませんね!

以前、本で読んで感銘を受けたの思い出しましたが、現代のビジネスで成功する哲学です。

「働け、働け、廻りが感服するほど」
もちろん、徒らに人より長い時間を働く…
といった意味ではありません。
智慧を使い、優先順位を付け合理的に、しかも密度の濃い仕事をするということですかね。

「ゴマカスやつ、人が見てないと手を抜くやつは、辞表を書け!」
ほんの小額といえども会社のお金をごまかし、せしめる人。
朝から、仕事そっちのけで女のことを妄想したり、嫌な仕事が終わって早くパチンコに行きたーい!
こういう人は、気品もなく、信用も付かないので絶対に成功することはないようです。
ただよう雰囲気というか、悪しきオーラみたいなものですね。

「悲観的な言葉を口にするな」
言葉は、その人の人格を飾っていくものです。
常々、悲観的な言葉を出している人には、そのまわりにはなんとも言えない人を寄せ付けない雰囲気というものが漂っています。
付き合うと何か不幸になるような感じがするのですね。

さらに、悲観的な言葉を出し、耳を通して聞くことによって、それが心に刻印されることになります。

成功者は、常々積極的な言葉を出しています。
明るい言葉を、建設的な言葉を出しています。
こういった前向きな言葉を出すことによって、潜在意識を刺激し、肯定的な世界が実現していくというものです。

大多数の人は、ふとした時に、逆のマイナスの言葉を出し、悲観的なことを思っているようです。そしてあまりよろしくないことが現象となって現われてくるというものです。

続く…





posted by First Daughter at 23:51 | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

昔とった杵柄?

ある大手電気メーカーと契約を結ぶことができましたるんるん

それだけで、数百万の純利益を毎月ゲット!

すごいですねー!あっというまに、‘やくざ’相手の借金も返すことができました右斜め上

もともと、富を得るキャパはあったんでしょうね。

再び、生来のオシャレ心がムクムクと‥

posted by First Daughter at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

地獄の日々

経営が傾いてきてからは、5億の現金を持っていたけど、その事業を存続させ赤字をうめる為、またプライドを守る為、一年間で全て使い果たして、ついには倒産‥

さすがに地方紙にも載りました。

5年経った今、「今考えれば、5億持ったまま早めに倒産させればよかったちっ(怒った顔)眠れない地獄の日々もなかった。新しい事業もソッコウで出来たのに‥ 苦しみも10%で済んだかも!」

と、その知人はつい先日回顧いたしておりました。

posted by First Daughter at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。