2009年03月02日

サブプライムローンは日本の不況原因ではない

「100年に一度の不況」とマスコミや政治家も“馬鹿の一つ覚え”のように合唱しています。

これは、1929年の世界大恐慌を意識して論調なのでしょう。この恐慌がニューヨーク株式市場の急落に端を発したように、今回もアメリカのサブプライム問題に“巻き込まれて”不況に陥ったというわけなのです。

しかしながら、サブプライム問題に関する日本の被害状況は、せいぜい1〜2兆円程度というところであって、実際はアメリカの比ではないようです。それだけが原因で株価が90年以降で最安値の推移順に急落し、GDPの成長率が実質12.7%ものマイナスなるとは考えられないという専門家の意見も非常に多いようです。

03年4月に底を打って上昇気流に転じた日経平均株価が下落に転じたのは07年7月、それに戦後最長といわれた今回の景気拡大が終わりを告げたのが07年11月のことです。

それ以前において、景気を後退させた原因を考えてみますと、“戦犯”として浮上してくるのが日本銀行の金融引き締めなのです。

日銀がそれまでの金融緩和策を大幅に転換して、量的緩和の解除を採用したのが06年3月です。しかも、30兆円もの当座預金残高を6兆円近くにまで減らそうとしたのです。

当時、この政策を推進したのが、“泥酔会見”で時の人となっている、当時の中川金融大臣と同席していた現日銀総裁の白川方明(当時は理事)でした。

続いて同年7月には5年以上続いていたゼロ金利政策を解除して、さらには翌年2月にも短期金利を引き上げています。

わずか1年の間に3回も金融の引き締めを行ったというわけなのです。当然、国内出回るお金の量は急激に減り、やがては景気の芽をつんでゆくことになるのです。実際、その後株価が下がり、景気動向指数が落ち込んでいます。

もっとも、サブプライムローン問題も、日本にその影響がまったくなかったとは言い切れないでしょう。しかし、被害額が少なく、海外で起きたサブプライムショックよりも、国内の中央銀行による引き締めにおける影響の方が、直接的で大きかったのではないのか?

今回の不況原因は、政策ミスによって生じた人為的なものいえるのではないでしょうか?

過去、日銀はバブル潰しとして、89〜90年の超好景気に沸いた時に、わずか1年あまりの間に5回にわたって公定歩合を引き下げています。それまで上がり続けた株価や地価などが下落基調に転じ、戦後最悪といわれた長期不況に突入しているのです。

今回の不況も、また同じ政策の過ちを犯しているといえます。

「物価の安定」を是とし、これらを政策理念とする日銀は、元来、「インフレ退治、金融引き締め」をしたがる傾向にあります。金融の緩和が嫌でたまらないのです。

インフレとバブルは違うのですが、地価などがそうですが、少しでも物価が上がりそう兆候がみられればバブルと見なし警戒態勢に入るのです。

「総量規制」がそうで、これでは不動産会社などはたまったものではないですね。昨年来より、上場企業の不動産会社が次々倒産しています。

マスコミま便乗してまるで正義の味方のように“バブル憎し”の大合唱をやっています。「濡れ手に粟」的な利益を出す人を標的にしてるようです。

もちろん、違法行為による金儲けは許されないでしょう。しかし、正当な手段によってリスクも負って投資をおこなった結果として利益を得ることは決して悪くはないのではないでしょうか?知恵を使い工夫してお金を稼ぐことは、立派な資本主義の精神なのです。

結論として、このような資本主義の精神を、政策担当者や検察、マスコミがよってたかって攻撃したことが、今回の不況の根本原因であるのでないのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)
posted by First Daughter at 21:24 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが到来しました。
みなさん、どのようにお過ごしになられますでしょうか晴れ

この仕事に就いてからというもの、この期間中はまとまった休暇をとったことはありません。
ていうか、それ以外の時期でも3日以上の休んだ記憶はありません。

ちなみに、友人は明日から沖縄に行ってくるそうです。
なにやら、向こうにクルーザーを持っている知人がいて、潜ったり、スキューバダイビングをしに来る女性にコーチしたりするようです。

楽しいでしょうなるんるん
タグ:スキューバ
posted by First Daughter at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

博多どんたく

ゴールデンウィークにいよいよ突入ですね。
『博多どんたく』を観に数百万人もの人たちが訪れることもあって、ここ博多にはこの時期県外より多くの人たちがやってきます。
博多に来て30年近くなりますが、いったい『どんたく』のどこが面白いのか僕はよくわかりません。これは、お祭りという部類に入るんでしょうかねぇ‥?

勿論、百貨店へもたくさんのお客様のご来店が予想されます。
ただ、高額の商品を購入される人は少ないようです。
観光客が多く、記念に何かをちょっとした物を買って行くというような感覚なのでしょうファーストフード
posted by First Daughter at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。